TFTP Daemon 1.2.4

MacOSで動くTFTPサーバー「TFTP Daemon 1.2.4」メモ書き。2001年12月24日時点の情報

「TFTP Daemon 1.2.4」は Jonathon Fletcher 氏作、MacOSで動くTFTPサーバーアプリケーションです

動作環境:

System 7.1以降 MacOS8以降推奨
Open Transport 1.1 以降が必要です (MacTCPでは動きません)とうたってあります。 fat binary 形式なので 68K and PPC Macintoshes どちらでも動くそうです。
MacOS 9.1J + Power Macintosh7200 で動きました。

複数のクライアントから PUT GET 共にできます、ログもちゃんと残ります、なのに、本来の目的とした機械からGET できませんでした。LinuxのTFTPサーバーからもGETできなかったから、これはクライアントの問題なのでしょう。 このため使用を断念。

インストール:

ダウンロードした「install-tftpd-124.sit.hqx」を解凍すると、インストーラー「Install TFTP Daemon 1.2.4」ができます。 このインストーラーを起動するとインストール先を聞いてきますから、適当なところを指定します。「TFTP Daemon 1.2.4 Folder」がつくられインストールされます。これで終わりです。

初回起動時、起動「システムフォルダ」内の「初期設定」フォルダ内に、フォルダー「TFTP Folder」を作成します、この中にログファイル「TFTP Transaction Log」および読み出し用「readable」、書き込み用「writeable」フォルダを作成します。

読み出し用「readable」、書き込み用「writeable」フォルダはエイリアスに対応しています、この二つはシステムフォルダ外や他のディスク上にフォルダを置くことができます。あるいは読み書きを1つのディレクトリーにしたい場合、同じフォルダーのエイリアスにすることができます。

起動と終了:

TFTP Daemon 1.2.4 アイコンをダブルクリックすることで起動し、Macを終了または再起動すると終了します。
MacOS機上でバックグランドアプリケーションとして機能します。ソフトウエアが表示するアラート等以外、メニューバー等のユーザーインターフェースをもっていません。
起動項目に登録するとMac起動時に起動しますが、このような使い方はやめましょう!

TFTP?
Trivial File Transfer Protocol だったかな?

ソフトウエアの配付:

http://www.pobox.com/~jonathon/software/
2001年12月24日現在は下記へジャンプしています。
http://www.zenbu.com/software/
2010年5月7日、どちらもエラーになります。
"TFTP Daemon MacOS" をキーワードにググルと複数のダウンロードサービスサイトが見つかります。

代価:

このソフトウェアはフリーウェアではなくシェアウェアです。使用すれば、代価を払うべきです。登録するために、配付ファイルに含まれる「Register」を使用してください。シングルユーザーライセンスは米国ドル$10です。グループとサイト・ライセンスの価格は「Register」に記載されています。その他の詳細は配布ファイルのドキュメント「How to Register」に記載されています。


作者説明の稚約

TFTP Daemon はあなたのMacOS機上でバックグランドアプリケーションとして機能します。Daemon は、ユーザ(アラートを表示して)と通信するために通知マネージャーだけを使用します。それはスクリプトにすることができるということです(このリリースの時点で、required suit だけがサポートされています)。

TFTP Daemon は、あなたの機械上の1つの特定のフォルダーにファイルが書かれていることを認識します。これは、ファイルが1つの特定のフォルダーからだけ読まれるということです。TFTP Daemon の実行により世界にディスク全体を公開していません。

TFTP Daemon は、格納のために起動「システムフォルダ」内の「初期設定」フォルダ内のフォルダー(TFTP Folder)を使用します、ログファイル(TFTP Transaction Log)および読み出し用(readable)、書き込み用(writeable)ディレクトリーです。読み出し用、書き込み用ディレクトリーはエイリアスに対応しています、この二つはシステムフォルダ外や他のディスク上にフォルダを置くことができます。あるいは読み書きを1つのディレクトリーにしたい場合、同じフォルダーのエイリアスにすることができます。

TFTP Daemon は、クライアント側からどんな要求があっても、すべてbinary 転送します。あなたがディレクトリーを転送しようとすると、何が起こるかわかりません!

TFTP Daemon は、無許可のネットワーク・アクセスから内部の保護を行っていません。これは一般にTFTPプロトコルの「特徴」です。TFTPサービスは、理論上インターネット上の任意のequipedされた機械によって到達することができます。TFTP Daemon が読み書きできるフォルダーに機密データを格納する前にこれに気づいてください。

TFTP Daemon

TFTP Daemon はundertands TFTPプロトコルサーバー機能を供給する道具です。TFTPプロトコルは、配置とセッティングを遠隔に格納するためにネットワーク・ハードウェアによって一般に使用されます。停電があった後、あなたがネットワークのハードウェアを再構成したくなければ、有用です。これはFTPサーバーの機能ではありません、TFTPサーバーの機能です。

This Release:

This release is version 1.2.4, of January 1998. A version history is included at the bottom of this document. This version of the daemon will not expire, although previous releases had built in expiry dates.

What would I use this for ?

あなたのネットワークを他の、あるいはインターネットにリンクするネットワーク設備と共に、マッキントッシュ・ネットワーク環境を持っていると仮定してください。ほとんどのネットワーク設備(ルーターおよび1Boxインターネットソリューション等)記憶装置(電源投入の自動検索)用の遠隔サーバー間で構成ファイルを転送するためにTFTPプロトコルを使用することができます。そして、TFTP DaemonはTFTPプロトコルをインプリメントします。したがって、これらの構成を格納するための遠隔サーバーとしてTFTP Daemonを実行するマッキントッシュを使用することができます。

What's the difference between this TFTP Daemon and the one Peter Lewis wrote ?
ファイルを読むと同様に書くことも可能にします。 Open Transport nativeです。

The 'ToDo' List:

Please feel free to add to this list if there a feature you'd like. I don't promise to listen to requests but if enough people ask for the same thing then I'll probably try.

Credits:

Thanks to (in no particular order) Dair Grant, Jonathan Hogg, Chie Shimakoshi, Keiko Shimizu, and James 'DragThing' Thomson, for comments, criticism and polite silence. Also credit goes to Jerry Goldstein for pointing out the mistakes in the first release - and being the first person to register TFTP Daemon.

The installer for this product was created using Installer VISE Lite from MindVision Software. For more information on Installer VISE Lite, contact:

MindVision Software
7201 North 7th Street
Lincoln, NE 68521-8913


Voice: (402) 477-3269
Fax: (402) 477-1395
E-mail: mindvision@mindvision.com
Website: www.mindvision.com

Distribution

With the exception of distribution via any CD, or a disk costing more than US $5, you may distribute this program any way you wish as long as you don't charge for it (except for reasonable download costs). You may not distribute this program on any disk costing more than $5 without my explicit permission. You may not distribute this program on any CD without my explicit permission.

Legal Disclaimer:

Jonathon Fletcher ('the Author') hereby disclaims all warranties relating to this software, whether express or implied, including without limitation any implied warranties of merchantability or fitness for a particular purpose. The Author will not be liable for any special, incidental, consequential, indirect or similar damages due to loss of data or any other reason, even if the Author or an agent of theirs has been advised of the possibility of such damages. In no event shall the Author be liable for any damages, regardless of the form of the claim. The person using the software bears all risk as to the quality and performance of the software. This software is not in the public domain and all rights to it are retained by the Author. This software may not be used where the author's liability for any problems caused directly or indirectly by this software may not be reduced to nothing.

法的な棄権:Jonathon Fletcher (「著者」)はこのソフトウェアに関係のある保証を明白非明白にかかわらず、あらゆる使用目的、市場性あるいは適合性のどんな暗黙の保証も含めて、保証をすべて放棄する。著者あるいはそれらの代理人が、破損の可能性を知らせられたとしても、著者は、データあるいは他の理由の損失により、任意の特別の破損、付帯的な破損あるいは必然か、間接か、類似した破損に対して責任を負わない。決して、著者はクレームの形式にかかわらず任意の破損に対して責任がないでしょう。ソフトウェアを使用する人は、ソフトウェアの質および実行に関して危険をすべて負います。このソフトウェアは著作権放棄していません。また、ソフトウェアの著作権はすべて著者によって保持されます。著者のこのソフトウェアによって直接あるいは間接的に引き起こされた任意の問題の義務が、何にもならないかもしれない場合、このソフトウェアは使用されないかもしれません。

US Government:

If you are acquiring the Software on behalf of any unit or agency of the United States Government, the following provisions apply. The Government agrees:
(i) if the Software is supplied to the Department of Defence (DoD), the Software is classified as "Commercial Computer Software" and the Government is acquiring only "restricted rights" in the Software and its documentation as that term is defined in Clause 252.227-7013(c)(1) of the DFARS; and
(ii) if the Software is supplied to any unit or agency of the United States Government other than DoD, the Government's rights in the Software and its documentation will be as defined in Clause 52.227-19(c)(2) of the FAR or, in the case of NASA, in Clause 18-52.227-86(d) of the NASA Supplement to the FAR.

History:

1.2.4 January 1998
・ Removed the expiry.
・ Shifted around the writing code to create files and set their info in the right order.
・ Recompiled with v2.0 of the Metrowerks compilers.

1.2.3 August 1997
・ Fixed bug where the first number of the ip address was always logged as zero

1.2.2 August 1997
・ Recompiled with v1.8 of the Metrowerks compilers.
・ Buffering modification - code is now a little cleaner.
・ Fixed transfer-size bug when file was very large, and some multiple of the file buffersize.
・ Tidying of documentation, included the online registration bookmark
・ Added the Installer.

1.2.1 May 1997
・ Removed the address/netmasks restrictions - they were too confusing.
・ Reflected these changes in the readme.

1.2 March 1997
・ Recompiled with v1.7.1 of the Metrowerks compilers.
・ Added code to deal with the provider being closed. This works okay for serial PPP connections, but seems to be a little harder for ethernet-based configurations.
・ TFTP Daemon will now quit if it can't set up an EndPoint - previously failing due to a side-effect of the asynch code.

1.1 February 1997
・ A couple of bug fixes.

1.0 November 1996
・ First public release.



apple pie Top | Contact

Copyright(C) 2000-2017 apple pie All rights reserved.